Skip to main content

STEM ラボ
テストベッド - VEX IQ センサー

学習シーケンス

STEM Labs では、一連の学習体験を行います。 学習者は次のことを行うように求められます。

  • ビルドまたはアーティファクトを作成します。
  • ビルドまたはアーティファクトを調査し、現実世界での応用の可能性について推測します。
  • 行うことによって学びます。
  • デザインまたはビルドを改善および強化するために変更を加えます。
  • 知識を評価します。
シークアイコン
1。 Seek
エンジニアリングに焦点を当てた各 STEM ラボは、実際に動作するビルドまたはオリジナル設計のガイドラインを作成するための手順 から始まります。 指定された 指示から構築する場合、学習者には、個別または小グループにかかわらず、ビルド 作成するためのステップバイステップの指示に従う十分な時間が与えられる必要があります。 設計または構築を作成した後、学習者はそれが を行うかをテストするように求められます。 学習者は、ビルドを試して、その機能、使用方法、それによって得られる機械的な利点は何か、エンジニアリング用語を使用してビルド 説明する方法 、さまざまな質問に答えるように指示されます。 学習者は、回答をレビューやフィードバックに利用できるようにすることが目的であるため、これらの質問にエンジニアリング ノート 内で回答するように指示されています。 STEM ラボのこの部分に割り当てられる時間は、時間が を許容するかどうか、および学習者のすべてのグループが同じ速度で進んでいるかどうかによって異なります。
再生アイコン
2. 遊ぶ
STEM ラボ内の遊びセクションは、アクティビティ内の概念やスキルの背景を提供する簡単な読書 から始まります。 導入された新しいスキルやコンセプトを検討するには、短い手順を実行する があります。 ほとんどの場合、学習者はその設計の機能を認識するために のテストに戻りますが、 できるアクティビティにはさまざまな種類があります。 一部の STEM ラボでは、読書と手順アクティビティを つだけ行うことで単一のアクティビティに焦点を当てますが、ほとんどのラボでは複数のアクティビティを用意しているため、複数の概念やスキルを導入 たり、より複雑な概念を探索したりできます。
適用アイコン
3. 適用
このセクションでは、学習者に、紹介されている概念が日常生活にどのように適用されるかを示す例 が提供されます。 また、ロボット工学やエンジニアリングの競争面でのこれらのスキルの応用についても検討する ができます。
再考アイコン
4. 再考
ビルド内の概念について学習した後、 人の学習者には、チャレンジを通じてビルドをさらに探索する機会が与えられます。 ビルド用の環境を作成した 、学生はビルドを成功させるために変更する必要がある場合があります。 チャレンジのほとんどは本質的に競争力があり、実践的な学習を促進します。 学習者は、エンジニアリング ノートに加えた変更を記録し、 化するよう指示されます。 設計 とテストフェーズの両方について質問が出されます。 STEM ラボのこの部分に割り当てられる時間は、課題の範囲によって ます。
知っているアイコン
5. 知る
STEM ラボの最後に、学習者はラボ全体で教えられる概念に関する質問 をされます。 問題を で完成させて採点に提出する場合は、問題を印刷できます。 ほとんどの質問は多肢選択式または正誤式です。 チーム、グループ、または教室設定のいずれで作業している場合でも、質問に対する答えについて話し合って、すべての 学習者が正しい答えとその理由を認識していることを確認できます。 答えは STEM Lab プレビュー ページにあります。

教師のヒントアイコン 教師へのヒント

  • 教室や多くの学習者がいる環境で STEM ラボを使用する場合は、小グループまたはチームを組織して機能的なコラボレーションを促進します。

  • 「適用」セクションと「再考」セクションを長時間延長して、同じペースで進んでいない学習者が追いつくことができるようにします。

  • 付録セクションのページは、ビルドやアクティビティを完了するのが難しい場合に、学習者の取り組みをガイドする補足として使用してください。