Skip to main content

STEM ラボ
モメンタムアレー 学生

VEX V5 Speedbot は、できるだけ早くシステムに慣れて操作できるようになることを目的としています。 ビルドが完了したら、探索して何ができるかを確認します。 次に、エンジニアリング ノートブックでこれらの質問に答えます。

  1. このロボットビルドは、より大きく複雑なビルドと比較して、いくつかのシナリオでどのようにより有益になるのでしょうか?

  2. このロボットに、バスケットボールやボウリングのボールのようにボールを前方に押すというタスクがある場合、ロボットの構造のどのような機能が重要になるでしょうか? ボールのどのような特性を考慮する必要がありますか?

  3. このビルドの新しいバージョンを設計する任務を負った場合、オブジェクトをプッシュする機能を改善するために、ビルドに何を追加または削除しますか? 詳細とスケッチを使って説明します。

教師ツールボックスアイコン 教師ツールボックス

  1. 答えはさまざまですが、サイズが小さいことによる利点などの例が挙げられます。 大型のビルドでは移動できない物体の下を移動できる能力を備えています。 Speedbot は、より大きく重いビルドと比較して、より高速になる可能性があります。

  2. 考えられる答えとしては、安定性、バランス、パワー、スピードなどが挙げられます。 ボールのサイズや重さなどの特性を考慮する必要があります。

  3. 答えはさまざまですが、速度を上げるために部品を取り外したり、ブルドーザーのように物体を押す際の制御性を高めるために部品を追加したりすることが考えられます。 生徒が苦労している場合、この質問をする別の方法は、「ロボットにどのような部品を追加したり、削除したりできますか?」です。