Skip to main content

キャッスルクラッシャーズ
レッスン 3: キャッスル クラッシャー + 距離センサー

導入

このレッスンでは、距離センサーについて、および距離センサー からのデータをプロジェクトで使用してオブジェクトを検出する方法について学びます。 また、[Wait until] ブロックについて、およびそれを VEXcode IQ プロジェクトで使用してロボットに決定をさせる方法についても学びます。 次に、キューブ クラッシャー チャレンジで BaseBot を使用してキューブを検出して移動するという学習を応用します。

ビデオファイル

 < レッスンに戻る を選択して、レッスンの概要に戻ります。

 次へ > を選択して、距離センサーと [待機] ブロックについて学習します。